消費者金融の利用目的

何を目的にし、どういった借り入れをしたいのか

極端な話、「お金を借りる」ただそれだけであればそれほど難しくはありません。しかしお金を借りる目的が違えば借り入れる方法にも違いがあるので、一概に「お金を借りる」という一言で済ますことはできないでしょう。消費者金融では借り入れ時にどういった返済方法にするのか、どれくらい入り用なのか、金利はいくらでローン期間はどのくらいか、など様々な設定を設けています。このページでは消費者金融を利用する目的とその方法についてご紹介します。

ニーズに合わせた借り入れ方法の選択

お金はいつ入り用になるかわかりません。もしかしたら病気や事故などですぐにでもまとまったお金が必要になるかもしれませんし、複数の金融機関を利用して組んでいるローンを一本化したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。お金を借りたいと考えるのは社会人だけでなく大学生でも同じことなので、学生向けのローンが充実している消費者金融を選ぶほうが得策の場合もあります。

とにかくすぐお金を借りたい、と考えている方は即日キャッシングが可能かどうかを調べましょう。即日キャッシングが可能となっている消費者記入は審査にかかる期間がきわめて短く、融資までにかかる時間も他の借り入れ方法に比べて段違いに早いのが特徴です。しかしお金を借りること、ただそれだけに気が向き契約履行や返済期間などを充分に確認せずに利用するのは大変危険なので、借りるときは必ず確認をしておきましょう。

  • 現時点で複数のローンを抱えている方の場合、一社ごとに利息が違うことと返済期間の違いから毎月のローン返済が苦しくなります。複数の金融機関からトータルで50万借りるよりも一社から50万借り入れる方が利息や返済期間などの面から見ても楽なので、複数のローンを一本化することをオススメする消費者金融もあります。一本化することで今までひとつひとつ払っていたローン返済の手間と利息が軽くなり、より楽に返済することができるようになります。

企業向け、学生向けのローン

金融機関は個人に限らず法人名義の顧客に対してもお金の融資を行います。法人向けの主なローンタイプは、顧客が自由にお金を出し入れすることができるクレジットカードローンタイプと、契約後にローン返済が完了するまで分割、または一括で返済するローンタイプがあります。法人名義の方の多くは消費者金融よりも銀行などの公的金融機関を利用するので、ここでは詳細は割愛させていただきます。

企業主やそこに勤める社会人でなくともローンを組めるプランを用意している消費者金融は数多くあります。もちろん未成年に対してお金を貸し付けることはできないので、必然的に大学生や院生が対象となりますが、経済的に安定した収入が確保できない学生を相手にしたローンの中には学生割引で安い金利となるものが多く、他の借り入れタイプに比べて安めに抑えることができるのでオススメです。消費者金融には例え成人であろうと学生には借り入れを行わないところもありますが、学生ローンを組んでいる消費者金融で有れば成人学生を対象に貸し付けを行っているので、借り付けは学生ローンがある消費者金融を選ぶようにしましょう。

すすめWEBサイト 5選

働く女性を応援します。

オーバーブラウスの販売

世界に一つだけのカッコいいバンドロゴを作成します!

バンドロゴ 作成

2014/11/5 更新